第8回寄贈事業

「日本の伝統行事から学ぶ家族の大切な心~雛飾り・五月飾りを通した子育て応援~」と題し、人形の藤娘では雛飾り・五月飾りを抽選で保育園に寄贈する事業を開催しました。

 

近年、少子高齢化・核家族化が進む中、地域のコミュニケーションが減り、身近に子育てについて気軽に相談できる人が少なくなっているのが現状で、雛飾り・五月飾りを通じてコミュニケーションのきっかけづくりができればとの想いから、子どもを大切に育てるという願いを込めて贈り、飾る人形である雛人形と五月飾りを寄贈させていただきました。

《寄贈内容》

■2020年1月28日(火) ゆうき幼稚園(広島市東区戸坂大上4-12-15)に雛七段十五人飾りを寄贈。

  • ゆうき幼稚園に七段十五人飾りを贈呈しました。

  • 園児を代表して、飾りの木札を受け取ってもらい
    完成してもらいました。

  • 園児たちに雛人形の由来や意味などを解り易く説明しました。

  • イクちゃんもかけつけてくれて、子供達も大喜びでした。

  • 沢山の園児たちと記念撮影。

  • 園児たち一人一人にお礼を言ってもらいお別れしました。

伝統文化継承事業一覧へ