第7回寄贈事業

「日本の伝統行事から学ぶ家族の大切な心~雛飾り・五月飾りを通した子育て応援~」と題し、 人形の藤娘では雛飾り・五月飾りを抽選で保育園に寄贈する事業を開催しました。

 

近年、少子高齢化・核家族化が進む中、地域のコミュニケーション が減り、身近に子育てについて気軽に相談できる人が少なくなって いるのが現状で、雛飾り・五月飾りを通じてコミュニケーションの きっかけづくりができればとの想いから、子どもを大切に育てると いう願いを込めて贈り、飾る人形である雛人形と五月飾りを寄贈さ せていただきました。

《寄贈内容》

■2019年1月28日(月) 尾道市立市民病院 さくら保育所(尾道市新高山3-1170-177)にひな飾りを寄贈。

  • 尾道市立市民病院 さくら保育所に親王飾りを贈呈しました。

  • 子供達にひな人形をお披露目。

  • ひな人形の由来や飾り方などを解り易く説明しました。

  • 子供達に木札を飾ってもらいました。
    少し緊張しながらも楽しく飾っていました。

  • ひな飾りに子供達も興味津々。

  • イクちゃんもかけつけてくれ、子供達も大喜びでした。

《寄贈内容》

■2019年3月4日(月) 京進のほいくえん HOPPA宝町園(広島市中区宝町8-8-101)に鯉のぼりを寄贈。

  • 鯉のぼりの由来や飾り方について分り易く説明しました。

  • 園児達も大きい鯉のぼりに触れてみてビックリ!

  • イクちゃんも登場して園児達もウキウキ♪

  • 鯉のぼりを身近に触れ、園児達も終始笑顔でした。

  • 寄贈風景の撮影にテレビ局も取材にきました。

  • 大きな鯉のぼりと一緒に記念撮影。

伝統文化継承事業一覧へ