祝着・七五三のことなら「信頼・品質・丁寧」の人形の藤娘へ

トップ > 祝着・七五三

祝着・七五三

健やかな成長祈願に-藤娘

祝着と関係するお宮参りの由来

お宮参りは元来、「産土( うぶすな) 詔り」と呼ばれ、子供の誕生を産土の神に感謝し、すこやかな成長を祈願したという故事に由来しています。現在のように「お宮参り」と呼ばれるようになったのは、室町時代頃からだと言われており、江戸時代にはお宮参りの帰途に大老宅へ挨拶に立ち寄る風習が起こり、その後、武家社会の習わしが庶民の間にも広まり、親類や知人宅へお宮参りの報告と挨拶に出向く習慣が普及したと考えられています。

七五三の由来

七五三の起源は平安時代とされ、三歳の男女ともに「髪置き:髪をのばしはじめる」、五歳男子「袴着(はかまぎ):はじめてはかまをつける」 七歳女子「帯解き:帯をつかいはじめる」のお祝いで、明治時代になって現代の七五三として定着しました。 子供が無事に成長した事に感謝し、今後も健やかであるように神前に詣でる行事として、現在も受け継がれています。

当店では祝着から七五三の袴、着物等数多く取揃えております。

<店内展示期間> 9月上旬~10月下旬
祝着・七五三の由来

藤娘がおとどけする祝着・七五三の袴と着物等

祝着

女児祝着〔のしめ柄〕

のしめの柄で祝い事の贈り物に添えるのしを文様化したものです。

男児祝着〔松鷹〕

松は生命力の象徴、鷹は力強さの象徴として描かれています。

七五三

四ツ身〔女の子用〕

7才のお祝いの時に四ツ身を着せます。

三ツ身セット(バッグ・ぞうり付き)〔女の子用〕

3歳のお祝い時に着せます。それぞれの色をセットでコーディネイトしてあります。

はこはこセット〔女の子用〕

3歳用と7歳用に合わせた大きさの異なるセットをご用意しております。

女児小物〔女の子用〕

髪飾りから足袋まで様々ご用意しております。

袴セット〔男の子用〕

5歳の時に着せる袴のセットも色柄多数取り揃えており、祝着に合った袴もご提案させて頂きます。


その他の商品も沢山取扱っておりますので是非ご相談ください。

宇品店 〒734-0004 広島県広島市南区宇品神田4丁目2-1 TEL(082)252-0299(代) FAX(082)252-1800

八木店 〒731-0101 広島県広島市安佐南区八木1丁目20-14 TEL(082)873-1199(代) FAX(082)873-1355



Copyright(C)2013 Fujimusume Co.,ltd. All rights reserved.